そうか病・かいよう病

そうか病
<被害の特徴と発生生態>
葉、果実の表面に、直径1ミリ前後に隆起する「イボ型」や「そうか型」の病斑ができる。
果実の外観が悪くなり、糖は少なく、酸が多くなるなど品質が低下する。
降雨により伝染、幼木や樹勢の盛んな樹で発生が多い。

かいよう病
<被害の特徴と発生生態>
葉、果実に発生する。はじめ円形、水浸状の斑点ができ、やがて盛り上がり、中央部の表皮が破れコルク化し、その周囲が黄色くなる。発病が激しいと落葉する。
果実に発生すると、外観が悪くなり、商品価値が著しく低下する。
越冬した病斑が伝染源となる。夏秋枝に潜伏して越冬することもある。
風当たりの強い園や台風後、さらにはミカンハモグリガの食痕などからも発病する。