黒 点 病
1 病原菌:Diaporthe citri (Fawcett) Wolf (糸状菌 子のう菌類)
 
2 被害
葉、果実、枝に発生する。ふつうは組織の表面に黒い小さい点がポツポツできる。感染時の病 原菌の密度が低い場合には0.1〜0.5mmの黒色で円形の黒点となるが、密度が高い場合には雨 滴の流れた跡が発病して涙斑状となり、さらに果実一面に感染して発病すると泥塊状となる。
 
3 病原菌の生態
枯れ枝に柄子殻をつくりその中の胞子のかたちで冬を越す。気温が20℃前後になって雨などで濡れた状態になると、粘質物と混ざった胞子が胞子角となって柄子殻から出る。胞子角が雨滴により溶かされると、胞子は雨滴とともに飛び散る。胞子が葉や果実に到達すると、20〜27℃で水滴の中で発芽して感染して黒点ができるなどする。胞子は雨滴とともに、何かの事情で出来た枯れ枝や落ちている枝にも感染する。一旦枯れ枝に本病原菌がまん延すると、菌は3年ほど生存して降雨の度に胞子を出して感染源となる。