灰色かび病 、枝枯菌核病


○概要
本病菌は多犯性であるので,ブドウ,イチゴなど果樹,野菜,花きなどいろんな作物に寄生する。ハウス栽培の普及により問題となってきた病害である。島根県でも,これまで露地栽培が主体のときにはほとんど問題なかったが,ハウス化が進み,全体に病害の発生が少なくなったなかにあっては比較的発生の多い病気である。とくに,冬期間ハウスを密閉して加温する,超早期,早期加温栽培などの作型ではときには多発生する。

○病徴と診断
花穂,果実,穂軸,葉などに発病する。とくに開花直前〜マッチ頭大の幼果の時期と成熟果の時期に発生が多い。落花直後の花穂では花,果梗や穂軸が淡褐色ないし褐色となって腐敗し,多湿のときには灰色のかびが生える。若い幼果が発病すると褐色となって腐敗する。果梗,穂軸が発病すると,褐変,枯死して脱粒する。成熟果では機械的障害などで傷ついた部分から侵されて褐色に腐敗し,1〜2日後に灰色のかびが生える。葉では中肋部や葉縁に淡褐色の斑点ができ,やがて拡大して輪紋をともなった大型病斑となる。病斑の上には灰色のかびが生える。

○発生生態
病原菌は多犯性で,しかも腐ったものの上で繁殖しやすい菌であるので,菌糸,胞子の形でいろんな場所にいる。たとえば,ブドウとか他の作物の被害果,被害葉の上で菌糸,胞子で,又有機物の上に繁殖した胞子などである。このように越冬した胞子とか,翌春新たに形成された胞子は風で飛散して,花穂,葉に達し,柔らかい部分から侵入して発病する。発病部分が腐敗枯死してくると,そのうえに灰色のかびが密生し,そのかびが飛び散って新たな花穂,葉へ次から次へと二次伝染する。
本病の発病には温度が22℃付近で湿度は高いほど適し,傷があると病原菌が侵入しやすい。そのため,開花期前後が曇天で降雨が4〜5日も続くと多発生する。